f100008600
『乳首の色が黒くて裸になれない』

乳首の色が黒ずんでいたり、
くすみが気になっていて深く悩んでいる方って意外と多いですよね!
ケアの仕方も分からずとにかくどうしてよいのか分からず悩んでいませんか?

今すぐにでも黒ずみを消し去りたいですよね?

黒いだけでイメージは最悪…

色が濃いだけで汚らしいですし、いろんな所で言われてるように男性のイメージは最悪…
『遊び過ぎ』『経験豊富』などフシダラというレッテルを張られます。。。

ピンク色なんて贅沢は言わないのでせめて薄くなれば十分。

そんな切実な悩みを抱えているあなたに、
私が受けた衝撃的な体験をご紹介していこうと思います。

とっても思い悩んだ私ですから、
あなたの今の苦しみは十分に理解できると感じますので、良ければ参考にして見てください。

わたしはバツイチのシンママ

わたし

はじめまして。
わたしは、バツイチ子持ち(29)naoです。娘(4)がいます。

現在、彼氏がいるんですが、人として素晴らしく娘をすごく可愛がってくれているので将来を考えていたりもします。

f100007823

で、かれこれ数カ月以上お付き合いをしているわけですが…
いまだに結ばれていないんです。。。やばいですよね(汗)

わたしは妊娠を期に、乳首の色と乳輪がデッカくなって(汗)今でもその当時と変わらぬ状態…。
しかも、バストの垂れまで加わりとてもじゃないけど裸なんて見せられるような状態ではありません。

元旦那や大切な娘のこともあり、恋愛なんて考えもしなかったので当時からケアや対策を一切してこなかったのも原因にあると思います。

でも、本当にひどくて、、、とにかく今すぐにでも何とかしたいと深く悩んでいたわけです。

わたしたち家族にすごく良くしてくれるカレに対して、わたしからは何もしてあげられないという気持ちやこのままでは気持ちが覚めてしまうんじゃないかという不安も重なりひどく落ちていました。

そこから私の対策が始まったというわけです。

乳首の黒ずみには対処法がいくつかあった

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s
今まで諦めていたせいもあり乳首の黒ずみに対してここまでいろんなものが存在していると思いませんでした。

たとえば…

美容整形医、医療機関でも黒ずみの改善対策が行えるとのこと。

また、市販の商品でも乳首の色に対する専門のクリームなども存在しており、
予算や希望などによりいくつかの選択肢が選べることをしりました。

悩んでるのは自分だけじゃないんだなぁって感じました・・・

ですから、少し安心感さえも感じちゃったわけです。

あなたも大丈夫ですよ!
乳首が黒いことで悩んでる人って結構いらっしゃるので^^

乳首の黒ずみ対策は大きく3つ

  1. 美容整形&医療機関

    整形

    レーザー治療、(レーザートーニング) 美白成分による肌の漂白クリーム
    費用は1回約15000円~で数回通う必要があるので費用が掛かりますが、費用対効果は高く即効性や極端に白くしたい方向けの方法です。

    医療用の美白クリームも同様で、作用が強い分、斑になったり色素脱失などのリスクもあるので慎重に選ぶ必要があります。

    また、仕上がりにも不自然さが残る場合が多いですので、
    ナチュラルなものが好みでしたらおすすめはしません。

  2. 市販品

    クリーム

    市販のものに関してもクリームや乳液による美白や漂白です。
    医療機関が処方する強力な成分を薄めたものや、天然成分から作られる優しいケア用品など多種多様な美白クリームが売られています。

    その為、選別は難しくなり、中には成分が強いものもありますのでご自身の体質、目的などに注意しながら選ぶ必要があります。

  3. 体内環境の改善

    栄養

    まずは体のバランスを整えることで、今ある肌のくすみを薄めていくという方法です。
    乳首の色素沈着には、体の代謝やホルモンバランス、健康状態などが大きく関係していると言われていますので、
    まずは体の健康を整えていくというのが、こちらの対策法になります。

    が、やっぱり黒ずんでしまってから行うので
    実感力が薄く、沈着してしまった色に対しては何らかの別の対応策は必ず必要と知る印象です。

そもそもなんで乳首が黒くなるの?!

gahag-0098985458-1
なんでわたしの乳首ってこんなに真っ黒なの?!なんて思いますよね!

原因はただ一つ。
メラニン色素が乳首に沈着することで黒くなります。

沈着する理由はいくつかあります。

妊娠、出産、生理などによるホルモンバランスの乱れ

gahag-0063839488-1
女性ホルモンのバランスが崩れたり、通常とは違うサイクルになることで
メラニン色素の分泌量に大きく影響するそうです。

とくに妊娠期~になるとメラニンを多く分泌する女性ホルモンが活発になることから
通常よりも肌に沈着しやすくなるとのこと。

また、もともとメラニン色素の特性である肌を保護する役割から
妊娠期~のデリケートな時期に大切な部位を守ろうとする働きから黒くなるとのこと。

摩擦やすれなどの外的要因

2eca8760c1a9bf090cf3bde7869e5bf2_s
下着などの摩擦や肌トラブル(アトピー性皮膚炎)、紫外線による刺激により
肌を保護する為に働きかけるメラニン色素が沈着していくことになります。

※乳首は直接焼かないから紫外線は大丈夫…
この様に考えてしまいますが、紫外線を目に受けることで体内ではメラニン色素を分泌する為、
油断はできません。
しっかりとした全身の紫外線対策がもっとも重要ってことですね!

また、スポーツ時やノーブラなども外的要因として注意が必要ですので、
しっかりとした対策を行うべきですね!

新陳代謝の乱れ

278eab8b9e5c2e2a156cd9d891f84289_s
肌のターンオーバー(新陳代謝)が正常に行われていれば、
メラニンにより黒くなった皮膚も再生して元の色に戻ることになりますが、
年齢や生活習慣などから正常なサイクルが乱れることで、肌の色が蓄積されていくことに繋がります。

規則正しい生活習慣はすべての美と健康に繋がるので、
少しずつでも改善していくべき大切な項目になります。

間違ったケアが一番やばい

ここで主な原因などを書いていきましたが、
重要なことは適切なケアをしないと肌トラブルなどの原因や
色素沈着をひどくしてしまうことになりかねませんので注意するようにしましょう。

とにかくお金もある、不自然でも一瞬で何とかしたい!!
多少のリスクは負っても今すぐにでも白くする!!
という方は美容整形や医療機関に相談することが一番良いと思いますが、

それ以外のわたしのように予算も限られていて肌トラブルやリスクの懸念、
見た目もナチュラルに改善をしていきたい方には
以下の3つのポイントを参考にして頂くのがいいと思います。

1、初めから刺激の強い物を選ばない
医療機関で処方される皮膚を漂白する成分を薄くしたものが、現在では市販品でも手にすることが出来ます。
メラニン色素を作りださない様にして、肌の漂白効果がある成分や
ピーリング効果をもたらし、強制的に肌の新陳代謝を促すものなどがあります。
(ハイドロキノン、トレチノイン酸、ビタミンC誘導体)

当然ながら効果や作用の見込みも早く強力と言われていますが、
その分のリスクも同じくらいにあることを理解しておかないといけません。

使用中の痛みやかぶれ、痒みなどの肌トラブルにより、
皮膚科通いになる…なんて話も珍しくないので、
もともと高額な商品が多いことに加えて、さらなる金銭面の負担が大きくなってきます。

また、この様な状態では対策自体行えなくなってくるので
結果的には肌がボロボロで辞めざるを得なくなり、意味がなかった…なんてことになるので、
いきなり刺激の強い物をえらばないことです。

むりやり色素を抜くものは最終手段として考えて、
まずは肌にとって優しい成分を優先して考えましょう。

2、効果が見込める物を選ぶ
乳首の色で悩んでいる人が多い分、美白用品は意外と多く出回っていますが、
中には効果が薄くて粗悪と言わざるを得ないような商品も多くあるんですよね!

とくに、どこ?っていうような会社が出していたり、
実績や過去の取り扱う商品なども不明確な所の製品は試しに買うとなるとリスクは大きくなります。

せっかく買うなら、効果が見込めて良質なものを選びたいですからね!

ここは慎重に販売者&商品を理解した上で選ぶべきですね。

3、天然由来成分で抜本的な原因にアプローチできるもの
優しい天然成分と肌のことを考えられた対策品を選ぶことでナチュラルな美しさに仕上がります。
上記で書いた強制美白する製品の場合、色素脱失や斑、斑点、肌よりも白くなっちゃう…など
仕上がりは試してみないと分からない…なんて怖い一面があるので、
そういったことも含めて、優しく肌のサイクル元にアプローチするものを選ぶべきですね!

これらには相乗効果として、うるおいやハリに加えて気になる他の部位にも使えますので、
トータルケアとして女子力を上げることができます。

結果的に安くて、使い勝手も抜群、不安なしといったことが言えますね!

乳首を美白するクリーム人気ランキング

  • ホスピピュア

    ここに画像のURL

    ここに説明文

  • ここにタイトル

    ここに画像のURL

    ここに説明文

  • ここにタイトル

    ここに画像のURL

    ここに説明文